マレーシア生活

マレーシア親子留学~小中学生のインターナショナルスクール~

最近、マレーシア親子留学が人気だよ!

そこで、マレーシア親子留学の魅力について、まとめてみました!

①学費が安い!

例えば、スイスのボーディングスクールは年間800万円~1400万円、アメリカ・イギリスの場合は400万円~700万円

これに対して、マレーシアは、96万円~420万円です。

イギリス名門校の、マルボロカレッジや、エプソンカレッジの分校は高額になります。

②多民族国家で多様な価値観を学べる

マレー系65%、中国系24%、インド系8%です。毎日多様な人種のクラスメートと交流できます!

③差別を感じにくい

日本と違って、同調圧力が少ないです。

④治安が悪くはない

東南アジアでは、シンガポールに次いで治安が良いです。

スリ、引ったくりの軽犯罪はありますが、ナイフ等を使った重大犯罪は少ないです。交通事故(主にバイク)は、日本の5倍ですが、車道と歩行者用が完全に分離しているため、車対人の事故は、ほとんど無いです。

僕はクアラルンプールのモントキアラで生活していましたが、身の危険を感じたことは一度もありません。

⑤英語の他、中国語(マンダリン・北京語)、マレー語も学べます!

ちなみに、マレー語はマイナーな言語と思われている方が多いと思いますが、インドネシア語に似ています。そのため、マレー語が話せると、ASEANの人口の約半分(3億人)と会話ができるようになります!

⑥教育が日本より進んでいる!

インターナショナルスクールのカリキュラムは、

・語学・・英語の他、中国語・マレー語・フランス語・スペイン語を学びます。

・デジタルテクノロジー・・3Dプリンターの設計図を作ったりします。

・コンピューターサイエンス・・プログラミング学習をします。

・ビジネス・スタディ・・起業(アントレプレナー)を学びます。

・アカウンティング・・会計を学びます。

・美術・・デジタルアートを学びます。

⑦インターナショナルスクールが、160校以上!

2010年は66校だったのが、2019年167校に!(KL近郊に94校)

東南アジア最大で6万人以上の生徒が学んでいます。

イギリス、アメリカ、オーストリアの名門も!

カリキュラムは、イギリス式が多いです。

・ケンブリッジ式(イギリス式)・・・マレーシアの90%以上のインター校がこちらです。基礎学力を重視します。やや学力偏重主義(中国人に合わせて)の傾向があります。

・IB(国際バカロレア)・・・超難関で50%以上の生徒が脱落します。ただし、最後まで到達できれば、世界中の名門大学から引く手あまたで、奨学金でケンブリッジ大学に入ることもできます。

年間の学費はいくらぐらいなの?

上位クラス・・・150万円~270万円  インターナショナルな先生が80%以上

中位クラス・・・80万円~150万円  インターナショナルな先生50%~80%

下位クラス・・・40万円~80万円  ほとんどローカルの先生と生徒

注意してほしいのが、学費が高い=必ず良い教育 ではないということです。

ただし、学費が安い学校は、やはり、その分、教育の質も低いです。

※ちなみに、KL日本人学校は、年間40万円ぐらいです。ただし、日本人学校は、「ビザ」を出してくれないため、自分でMM2Hビザか就労ビザの取得が必要になります!

※ホームスクール(年間30万円~60万円)もあります。

リーゾナブルで、1クラス生徒6人に先生2人で、英語力を伸ばすには、ちょうど良いです。

生活費は、いくらぐらいなの?

母子留学の場合、月7000RM(約18万円)、家族留学の場合、月10000RM(約26万円)です。

留学に最適な年齢は何歳?

マレーシアで高校卒業資格を取る場合、IGCSE(義務教育終了試験)の16歳(高2)に間に合わせる必要があります。ノンネイティブの日本人が、ネイティブと同じ土俵で闘える英語力を手に入れるためには、5年はかかります。逆算すると、Year7(11歳)までには留学に行った方がよいです。

ちなみに、母国語が定まるのは10歳ぐらいと言われています。

そのため、もしマレーシアで高校卒業資格を取る計画なら、10歳、11歳ぐらいから留学した方がよいことになります。

また、マレーシアの高校卒業後に、日本やヨーロッパ等の大学に進学する場合、その前に、1年間、大学予科コース(A-Level)が必要になる場合もあります。(マレーシアは、義務教育が高2までのため)

逆に、日本の高校を卒業して、大学から留学する選択もアリだと思います。

中学生、高校生から正規留学する場合、生徒本人が、自分から進んで留学を志望し、どんな困難な環境でも乗り越える!という強い意志が必要になります。

親だけが先走って、子供本人は乗り気ではない場合、途中で挫折するケースもありますので、気を付けてください!

留学の成果はどんな感じ?

小6で、まったく英語が出来なかった子が、1年で、かなり話せるようになったり、日本で不登校だった子が、みるみる明るくなって、1ケ月後には、別人のように元気になったケースもあります。

また、中1から3年間、留学した生徒が、高校生になって日本に帰国したら、英語ペラペラで性格も前向きでリーダーシップをとるようになり、見違えるほど成長したりします。

留学に必要な英語力はどのくらい?

留学時期が、小学低学年なら、英語力は気にしなくても大丈夫です。

小学高学年だと、会話の他、読み、書き、など文法も必要になります。小6で英検2級レベル(日本の高校卒業レベルの英語力)に到達していると、その後の進学がスムーズにいきます。

ビザは何が必要なの?

ビザの具体例

・子供は学生ビザ、母は帯同ビザ(父親は帯同ビザは取れません!)【母子留学】

・子供は学生ビザ、親はMM2Hビザ(父または母)【母子留学・父子留学】

・子供は学生ビザ、父は就労ビザ、母は帯同ビザ【家族留学】

・子供のみ学生ビザ【単身留学】学生ビザは、11歳から出してくれるところが多いです。

 

こんな感じでまとめてみました(^^♪

まずは、正規留学する前に、夏休みなどを利用して短期留学を経験してみてください!

そして、海外の学校生活に馴染めるかどうか試してから、お子さんの意思も、しっかり確認した上で、本格的な教育移住を検討していただきたいと思います。