マレーシアのプリペイド携帯、トップアップの仕方

マレーシアでは、携帯は、プリペイド式が主流です。

理由は、おそらく、給与水準の低いマレーシア人にとって、毎月、固定料金が銀行口座から自動引き落としされるのは、まだまだ一般的な感覚ではないのだと思います。

クアラルンプール市内の物価は、数年前と比べると、かなり高くなってきていますが、それでも、まだまだ先進国と比べると安いです。

マレーシアの物価は、日本の半分より少し上といった感じです。例えば、ペットボトルは約80円ぐらいです。

ちなみに、シンガポールの物価は、日本よりも高いです!ペットボトル1本で240円ぐらいです!

郷に入っては郷に従え、ということで、携帯はプリペイド式にしました!

マレーシアで有名な携帯会社は、マキシスとセルコムとユーモバイル、Digiとのこと。

KLCCのショッピングモールで、マキシスを見つけたので、早速SIMカードを購入しました!

 

トップアップは、セブンイレブン等のコンビニで、「簡単に」できます!

ただ、「簡単に。。。」とは言っても、始めは全く分かりませんでした。

コンビニのスタッフに、「プリーズ、トップアップ」と言うと、レシートのような紙切れを渡されて終了しました。

??????

まったく、トップアップされた形跡がありません。。。。

「トップアップの仕方が分からないにですけど。。。」とスタッフのお兄さんに尋ねると、優しく教えてくれました!

①紙にかいてある番号を、携帯の電話をかけるような感じで入力

②PINを入力

③電話をかける

これで完了です!!

さすがに、これは尋ねないと分かりません。。。

後で、携帯会社のアプリをダウンロードして確認したら、きちんと入金されていました。料金は、だいたい、50リンギ(約1500円)で、3週間~1ケ月ぐらいもちます。

マレーシア生活は、シンガポールとは違い過ぎて、戸惑ってばかりですが、少しずつ慣れていこうと思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です