マラッカ海峡の夕陽①~深夜特急に憧れて~

シンガポールで仕事が始まって、早くも1ケ月が経ちました。

ちょうど、春季休暇で、1週間の連休がもらえるとのこと!

そこで、昔から憧れていた、マラッカへ行ってみることにしました(^.^)

マラッカは、高校生の頃、沢木耕太郎の「深夜特急」で、

マラッカ海峡に沈む、壮大な夕陽を見て以来、

いつか行ってみたい!と想っていた憧れの地です!

ようやく、長年の夢を叶えるときが来ました!!!

 

マラッカへは行き方は、

①マレー鉄道を使うルート

②ジョホールバルから、バスで行くルート

があります。

当初の予定では、沢木耕太郎の深夜特急のように、「マレー鉄道」で行く予定でした。

しかし!!!

マレー鉄道は、マラッカ方面へは行かないらしく、もし鉄道を使う場合は、

イポーという名の駅で降車、その後、バスで1時間以上かかるようです。

まだ、シンガポールに来て1ケ月。。。

マレーシアは一度も行ったことがない。。。

ということで、

無難に、「ジョホールバルからバス」ルートで行くことにしました(-_-;)

「夢のマレー鉄道」は、次回に託します!!

 

春季休暇の初日、早朝、まだ暗いですが、出発!!

休日は、シンガポールからジョホールバルへ旅行へ行く人達が多く、

国境超えのバスが、とても混み合うと聞いたからです。

シンガポールとマレーシアの国境である、コーズウェイの橋が、

渋滞で1時間かかることも。。。

(本来は、車で10分の距離です)

そのため、朝5時半に起床。

気合を入れて、ジョホールバル行きバスの出発点、

ブギスの、「クイーンズ・バスターミナル」へ!!!

バスは、出発時刻が決まっているわけではなく、乗客がいっぱいになったら出発する、というスタイルのようです。

車内は冷房が、ガンガン効いていて、すごく寒いです!

シンガポール人の、エアコンの標準の温度は、「16度」だとか!!!

寒いわけです!

早朝7時頃、バス出発!!

シンガポールの日の出の時刻は、7時過ぎなので、まだ暗いです!

おかげで、渋滞の心配も、まったくなく、スムーズに、

シンガポールの出国の地、ウッドランドへ!!!

ここで、一度、全員、バスを強制的に降ろされます!

出国手続きをして、その後、再び、バスへ乗り込みます!

しかし!

ここで、問題発生!!!

無事、出国審査を終え、バス停へ行くと、バス停が沢山ありすぎて、一体どのバスがジョホールバル行きなのか、まったく分かりません(-_-;)

どうしよう。。。

と困っていると、後ろから、

体格の良いマレーシア人の男性に話しかけられました。

「日本人かい?どうしたんだい?」と。

「バスが多過ぎて、分からない。。。」と伝えると、

ちょうど、ジョホールバルに行くらしく、一緒に行ってくれるとのこと!

助かりました!!

彼は、給料の高いシンガポールに出稼ぎに来ているらしく、今日は、家族のいるクアラルンプールへ、ジョホールバルから、バスで6時間かけて帰るそうです!

バス停で迷ったら、とにかく、

「S」「J」「E」を探せ!!!

と教えてくれました。

「S」・・Singapore 「J]・・・Johor bahru  「E」・・・Express

ジョホールバルエクスプレス(SJE)に乗ればよい!

とのことです。

海外で一人で旅行をしていて困っていると、たいてい、誰かが助けてくれます(^.^)

こういう、「人の優しさ」に触れられることも、一人旅の醍醐味だと思います!

マレーシアの出国審査を終えて、両替を済ませるところまで、彼は付き添ってくれました!

「SJE」の合言葉と共に、お別れ(^.^)

「一期一会」という言葉を噛みしめながら、僕はマラッカへ!!

彼は、家族の待つクアラルンプールへと向かいます!

マラッカへは、ラーキン・バスターミナルから、長距離バスで向かいます!

ジョホールバルから、ラーキン・バスターミナルは、タクシーで10分ほどの距離です。

マレーシアのタクシーは、基本的に、メーターが付いていないので、事前に料金しっかり交渉!(物価は安いですが、念のため)

ラーキン・バスターミナルも、かなり広いので、ちょっと迷いました(笑)

こういう時、英語が話せるって、便利だな~と感じます(^.^)

さすがに、ジェスチャーだけだと限界があります。

ラーキンから、マラッカへ向かうバスの中は、なぜか、とても心地よく感じました(^.^)

みんな、スマホをいじりながら、フェイスブックなどを楽しんでいます♬

マレーシア人も、スマホ持っていて、SNSとかやるんだ!

と、新鮮な驚きでした!

旅人や旅行者が多い長距離バス、居心地が良いです(^.^)

のんび~り、バスに揺られながら、車窓を眺めていると、

あっという間に、マラッカへ到着!!!

無事、「マラッカ海峡に沈む夕陽」が見れることを祈ります!!!

つづく

 

 

 

 

 

 

 

シンガポールのプール付き高級コンドミニアム

シンガポールに赴任して、一週間が経ちました。前任者の部屋を引き継いだのですが、家賃が、とにかく高過ぎます!!

6畳にも満たない単身用の部屋が、なんと!

月20万円です!!!

ちなみに、職場のあるロバートソンウォークの高層階で、ファミリー向けの部屋を借りると、

月100万円近くするそうです!!!

シンガポール恐ろしい世界です!

ちなみに、コンドミニアムの一室を「購入」すると、1億円近くするそうです!

先日、部屋のオーナーに会いましたが、まだ30歳ぐらいのチャイニーズ系シンガポール人でした。さすがに、彼が、自己資金で1億円を用意できたとは考えられないので、銀行の投資用の融資等を利用しているのかもしれません。

いずれにしても、シンガポール不動産市場、凄い世界です!

 

家賃の高いシンガポールでは、普通は、「ルームシェア」が一般的なようです。

ベッドのある部屋は自分だけで使用して、トイレ、シャワー、キッチンは共有するタイプです。

現在、僕が住んでいる部屋は、シェアタイプではなく、トイレやシャワーも、すべて自分だけで使用できます!

これは、「STUDIO」タイプと呼ばれています。シンガポールでは、珍しいスタイルです。そのため、家賃も、やや高めのようです(-_-;)

 

シンガポールの、コンドミニアムは、通常、プールが付いています!

先日、コンドミニアム内を散策していたら、中庭らしき3階に、屋外プールを発見しました!

広々としていて、欧米人が、優雅にくつろいでいます(^.^)

まるで、自分も、セレブになったかような錯覚を覚えます!(笑)

シンガポールは、一年中、常夏の国なので、プールがめちゃめちゃ気持ち良いです!!

休日は、一日中、ここで、のんびりできそうです(^.^)

 

ロバートソンウォーク散策!!~緊張の初出勤~

昨夜遅く、シンガポールのチャンギ空港に到着。空港に、シンガポールの会社の上司が迎えに来てくれ、一緒にコンドミニアムまで、タクシーで移動しました。

そして、今日が初出社となります!

部屋には、掛布団も何もなく、緊張と不安もあり、全然眠れませんでした。。。

朝、コンドミニアム前まで、上司が迎えに来てくれるとのことで、なんとか、眠い目をこすりながら、気合いで起きました。

コンドミニアムから会社までは、徒歩5分の距離でした!

どうやら、シンガポールの一等地の高級住宅街にあるようです!

景色が、とても綺麗で、異国に来たんだな~と、胸が高鳴ります!

職場も、物凄い高級な建物の中にありました!

「ロバートソンウォーク」という所らしいです。

個人の住居として借りると、家賃は1部屋、月100万だそうです!

職場への階段を登っているとき、ものすごく緊張しました。。。

そして、いざ、職員員室へ案内されると。。。

教師が一人しかいませんでした!

???。。。と思っていると、上司の方が、

「今日は休日なんですよ」とのこと!

そういうことは、先に言っておいてほしいものです(-_-;)

緊張して損した気分です(笑)

「今日は、初日なので、こちらの先生と一緒に、職場付近の散策と、生活用品の買い出しをしてください」とのこと。

職場付近に、「リャンコート」という日本人御用達のショッピングモールがあり、日本食材が手に入るスーパー「明治屋」、「やよい軒」、

さらに、日本人医師の病院「ラッフルズクリニック」があり、海外傷害保険(会社負担)で、全額無料で診察を受けられるようです!

とても便利です!!一気に、海外生活の不安が半減しました!

↑ リャンコート!日本人の知り合いに遭遇する確率が高いです(^.^)

リャンコート付近、景色が綺麗です(^.^)

リャンコートの地下には、日本食スーパー「明治屋」、「やよい軒」があります!コシヒカリ、梅干し、納豆、寿司。。。なんでもあります!

↑梅干し1パック38ドル(約3千円)です!高い!笑

↑ 納豆、1セット300円ぐらいです!

 

職場付近には、日本食の店も、たくさんあります!

「博多ラーメン一風堂」、「山頭火」や、日本食の居酒屋などなど!

↑モハメドスルタン通り

ただし、日本食は、値段が、ちょっと高めです(-_-;)

ラーメン一杯1200円+ライス+チャージ代=合計1800円ぐらいです!

やよい軒のハンバーグ定食1600円+飲み物=合計2000円ぐらいです!

この日は、せっかくなので、ローカルのおススメ料理を食べました(^.^)

現地の大衆食堂は、「ホーカー」と呼ばれています!

一食350円~700円ぐらいです!安くて美味しいです!

↑ シンガポール名物チキンライス!美味しいです!

↑ ホーカーが沢山並んでいる通り(^.^)

リバーバレーロード(^.^)

↑ UEスクエア、日本人がたくさん住んでいる高級コンドミニアムです!

半日かけて、職場のあるロバートソンウォークを回りました(^.^)とにかく綺麗で、便利です!外国にいることを忘れてしまうくらい住みやすそうです!

ちなみに、夜の職場付近のロバートソンウォークも、とても綺麗でした(^.^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンガポールで、初めての夜

中部国際空港(セントレア)から、飛行機で7時間!

シンガポールのチャンギ空港に、夜22時頃、無事到着しました!

イミグレを出たところで、上司が迎えに来てくれていました。面接はスカイプのみだったため、直接会うのは、今日が初めてです。

さすがに、少し緊張しましたが、面接の時とは異なり、優しい雰囲気で安心しました(^.^)

チャンギ空港からは、タクシーで、コンドミニアムのあるクラークキーまで向かいました。シンガポールのタクシーは、完全にメーター制です。東南アジアで、よくある、ぼったくりの危険はありません。むしろ、日本のタクシーよりも安全な感じで、乗り心地も良かったです!

タクシーには料金体系が貼り付けられていて、深夜料金は1.5倍になるそうです。空港から30分ほどで、2000円~3500円ぐらいです。

タクシーの窓から見えるシンガポールの夜景は、とても綺麗でした!

マリーナベイサンズが見えると、本当にシンガポールに来たんだ!!という高揚感が高まりました!

夜景が本当に綺麗で、まるで夢の国に来たようでした!

コンドミニアムは、マリーナベイサンズのあるマリーナエリアから、車で10分ほどの好立地にありました。

「クラークキー」、「ロバートンソンキー」と呼ばれているエリアです(^.^)

特に、クラークキーは、欧米人が集まる夜の街としての顔をもっていて、週末の夜は、物凄く盛り上がります!

ちょうど、一年前のGWに、たまたま旅行で、このクラークキーで友達と飲んでいました!まさか、その時は、ここで働くことになるとは夢にも思っていませんでしたが(笑)

↑クラークキー

↑ロバートソンウォーク

 

コンドミニアムに到着して、中に入ると、内装は綺麗でしたが、非常に狭い部屋でした。6畳もないかもしれません。

ベッドと机があるだけの質素な部屋です。お風呂は、シャワーのみ。洗濯機は付いていますが、洗濯物を干すスペースが無いです。。。

洗濯機は、乾燥機の機能も付いていますが、やや乾きが微妙です。

 

家賃は、なんと、月20万円です!!!

高い!!!高すぎます!!!

シンガポールは、とにかく家賃が高い!! と事前に聞いてはいましたが、本当に高かったです!!

ちなみに、お酒も高くて、ビール一杯が千円です!飲みに行くと、簡単に1万円近く飛んでいきます!恐ろしい・・・。

部屋には、何もなくて(当たり前ですが)、掛布団やシーツも無いため、仕方がないので、最初の夜は、日本から着てきたジャケットを掛布団代わりにして寝ました(-_-;)

明日から、早速、仕事が始まります!

果たして、自分の力が、シンガポールで通用するのか。。。

不安と緊張と、7時間のフライト疲れの中、眠りにつきました。

つづく

 

 

 

 

 

 

 

沢木耕太郎「深夜特急」に魅せられて!!!

高校生の頃、受験勉強に疲れて、テレビをつけると、たまたま、

沢木耕太郎の「深夜特急」が放送されていました!!

舞台は、香港が中国に返還された当時の、混沌とした時期の香港。

主演の大沢たかおが、香港の安宿「重慶マンション」で、賭博にはまっていく様子が描かれていました。

普段は、ほとんどテレビを見ないのですが、気付いたら、食い入るように見入っていました。

この日以来、沢木氏の「深夜特急」に魅了され、受験生なのに、全巻読破!!(笑)

 

その「深夜特急」の中の一節に、

「僕は、ただ夕陽が見たかった。そのために、マラッカを訪れた。」

という記述があります。

マラッカ海峡に沈んでいく大きな夕陽。

 

当時、まだ生まれて一度も、日本を出たことがなかった僕にとって、

ユーラシア大陸を、香港から、ロンドンまで、乗り合いバスで旅するという沢木耕太郎の生き様は、とても衝撃的でした!

自分も、いつか、世界中を一人で旅したい!!!

気付いたら、心に決めていました!!!

あの高校生の日から、かなり長い年月が経過しました。。。

現実は厳しく、世界中を旅するという夢は、なかなか叶わず。。。

一年に一度、GWに高い旅費を払って、韓国、台湾に行くのが限界。。。

という日々を送っていました(泣)

 

そんな人生を変えたくて、

自分のすべてを賭けて、シンガポールで挑戦!!!

今、ようやく長い年月を経て、

「マラッカ海峡の夕陽」を見に行く切符を手にしました!!!