シンガポールF1グランプリ観戦!!~夜行バスの旅~

動画 2018-09-16 20 48 46

シンガポールF1グランプリ決勝戦を観るため、朝5時起きで、マレーシアのクアラルンプールからシンガポールへ、日帰り旅行に行ってきました(^.^)

モントキアラのコンドミニアムから、空港まで、Grabタクシーで向かいましたが、約75リンギ(約2千円)、50分ほどでした。

KLセントラルから特急電車KLIAエクスプレスを使った場合と、料金は大差ない感じです。

エアアジアなので、LCC専用のターミナル、KLIA2へ!!

出発ゲートへ着くと、ちょうど朝日が綺麗でした!

2年前、初めてクアラルンプール国際空港に来た頃を、懐かしく感じます(^.^)

クアラルンプールから、シンガポールは、50分ほどで着きます!航空券の料金も5千円以内で手に入ります!(安い時は、2千円ぐらいです!!)

シンガポールのチャンギ空港へ到着すると、いつも以上に手荷物検査が厳重でした。F1グランプリの関係かもしれません。

F1グランプリ決勝戦の観戦は、F1会場の真横にあるスイソテル・スタンフォードホテルの一室を、借り切って、みんなでお酒を飲みながらの観戦です!!

ホテル代は、一室一晩で16万円~20万円ぐらいすると思います!

優雅な時間を過ごさせていただきました(^.^)

昨年は、シンガポール在住だったため、F1グランプリの前夜祭も参加しました!

アリアナグランデのライヴで、もの凄い熱気でした!!

予選日は、個別にタイムを競います!間近で見ると迫力があります!

昨年は、F1大好きの同僚と、仕事帰りに、予選を見に行って来ました!

決勝戦は20時10分開始です!!普段、自分達が使っている公道を走るので、とても盛り上がります!
カーブで追い抜く度に歓声が上がりました!

優勝は、ルイス・ハミルトン!!!

シンガポールGPは、昨年で最後と言われていたのですが、その後、4年間延長が決定しました!

来年も、是非、観戦したいものです!

レース終了後は、花火が盛大に打ち上げられます!!

夜行バスの出発時刻が、23時半だったため、F1グランプリ観戦後、慌てて移動しました(-_-;)

夜行バスは、ゴールデンマイル・タワーという所から出ています。

マレーシアまでの料金は、わずか1600円ぐらいです!!

隣のゴールデンマイル・コンプレックスは、タイ料理のお店が、たくさん入っていて、とても美味しいです!

23時頃に、バス乗り場に着くと、たくさんの旅人が集まっていました。

夜行バス出発を待つこの感じ、いつも好きです(^.^)

シンガポール・マレーシアの国境の街ウッドランドへ向けて出発です!!

シンガポールの海鮮レストラン&ゴーカート場へ

旧正月連休の最終日、シンガポールの西端にある海鮮レストランへ!!

名前は、「奇怪海鮮市場」です!その名の通り、様々な魚介類を堪能できます!

地下鉄MRTのシックスアベニュー駅から、シャトルバスが出ていて、15分ほどでした。

郊外にあるため、普段は観光客も少ない穴場スポットですが、

今日は、旧正月ということもあり、中華系の方々で賑わっていました!

↑ 旧正月で賑わうサマセット(^.^)

 

店内へ入り席を確保すると、スタッフに、巨大な水槽が並んでいる部屋に案内されました。中に入ると、すごい光景が!!!

水槽の中には、日本では見たこともないぐらい大きなロブスター!巨大なカニ!そして巨大な貝!!が、たくさん!!!

この中から、食べたいものを直接選んで、店で料理してもらいます!!

100グラム50ドル(約4千円)という感じで値札が貼ってありますが、一体、合計いくらになるのか、お会計の瞬間が恐ろしいです。

 

カレイ、ウツボ、生ガキ、見たことない魚。。。などなど、あまりに種類が多過ぎて、なかなか選べません!!

というか、感激してしまって写真ばっかり撮っていました(笑)

 ←巨大な不思議な貝                         

とりあえず、大きなロブスターを選んで、料理してもらうことに!!

 

ようやく食事をする席へと戻ります!1時間ぐらい選んでいたような。。。

このレストランは、もともと昔は、「競馬場」だった場所を改装して作っているため、とても見晴らしも良く、風が気持ち良いおススメ穴場スポットです!

 

昼食の後は、レストランと併設しているゴーカート場へ!!

ゴーカート、ただの遊びと思っていたら、なんと、「車の免許証」が必要でした!

さすがに、持ってきていません。。。(-_-;)

なんとか粘り強く交渉した結果、今日だけは特別に許可してくれるとのこと!

助かりました!優しいシンガポール人に感謝です!

F1が大好きな友人と、勝負してみました(^.^)

ハンドルが、予想以上に重くて、カーブが上手く曲がれません(-_-;)

結果、2周差をつけられて、惨敗でした(苦笑)

タイム記録も、きちんと発行してくれます!

一応、レース前には、シミュレーションが義務づけられています。

重たいヘルメットも着用で本格的でした!

家族連れのシンガポール人で賑わう、穏やかな休日でした(^.^)

 

 

ゆずライブ in Singapore2017

高校生、大学生の頃から大好きだった「ゆず」ライブYUZU ASIA TOUR 2017がシンガポールで開催されました!!

場所は、シティホール駅前のCapitol  Theaterです。

昨年は、オーチャードで開催され500人だったのが、今年は1500人の参加者に!!

日本に居た頃は、一度もライブに行ったことがなかったので、人生初ゆずライブです!!

大学生の頃は、毎週末、飲み会の後のカラオケで、朝まで、ゆずを熱唱していました!!

夏色、いつか、少年、栄光の架橋・・・(^.^)♪♪♪

懐かしい思い出がよみがえってきます!!

仕事が終わってから会場に向かったため、到着した時には、すでに満席に近い状態でした!!

そのため、スタッフの方達と一緒に、後方から楽しみました♪

最後の夏色のアンコールは最高でした!!たくさんパワーをいただきました!!今年も、残りあと1か月です!

来年も、どんどん新しいことに挑戦していきます!!!

インドネシアのビンタン島へ!!!

シンガポールから、フェリーで、たった1時間のところに、インドネシア領の「ビンタン島」というリゾート地があります!!

とても静かで、のんび~りできる!!

と聞いて、週末の連休に行って来ました(^.^)

シンガポールの仕事が激務すぎて、休みが全然ないため、たまには、ひたすら何もしない時間が必要です!

ビンタン島行きのフェリーは、チャンギ空港近くの、タナメラ フェリーターミナルから出ています。

フェリーターミナルに到着すると、朝7時台にも関わらず、たくさんの観光客で賑わっていました!

チケットを事前予約していなかったため、ドキドキしながらチケット売り場へ。。。

残りわずか数名分でした!あぶなかったです!苦笑

ビンタン島に到着すると、一応インドネシア領なので、入国審査があります!

もし、ここでパスポートを忘れたら入国できません。。。(-_-;)

無事、イミグレを終え、ビンタン島へ上陸すると、インドネシアのシンボル、「ガルーダ」(幸せを運ぶ鳥)が迎えてくれます!

その周辺に、ホテルの送迎バスが、たくさん待機しています。事前予約していたグランドラゴイホテルへ向かいます!

ホテルは、海まで徒歩5分という好立地で、しかも屋上プールが快適です!ひたすら、プールサイドで、のんびりしようかと思うほどです(^.^)

ビーチは、プライベートビーチかと思うほど、観光客が全然いませんでした。

ものすごい解放感を感じます!!

ビーチの近くで昼食を食べていると、怪しい感じの現地人が、カタコトの日本語で話しかけてきました。

毎度のことなので、適当に無視していると、

「無人島へ行かないか?!」とのこと!!!

「無人島??? 行きたい!!!」

と、即OKの返事をしてしまいました(笑)

旅好きの人間は、どうも「無人島」という言葉に魅力を感じてしまうようです!!(笑)

後で分かったのですが、この怪しい現地人は、ツアーガイドの資格を持っている、きちんとした人でした(^.^)

 

無人島の正式名称は、「ブララス島」(別名White sands island)というそうです!

宿泊ホテルのある、北部のラゴイから、車で45分南下して、

タンジュンピナンというシティエリアまで行き、そこから小舟で15分ほどです!

↑船のチケット売り場です!

ブララス島へ到着すると、観光客は、外国人が数組いただけで、ほとんどプライベートアイランド状態でした!

皆それぞれ、自由に過ごしていて、解放感いっぱいの中、のんび~り過ごさせていただきました(^.^)

ちなみに、食事は、インドネシアにしては高めの料金設定です。

例えば、ビールが7万ルピア(約500円)です。

ブララス島が高いというより、ビンタン島のリゾート地域の物価が、シンガポールの物価に合わせて設定されている感じです。

↓レストラン近くで、ウミガメの子供を育てていました(^.^)

 

ブララス島からの帰り際に、ツアーガイドの現地人から

「俺の家族を紹介するから、家に遊びに来ないか?」

と誘われました!!

ちょっと危険かな~と思いましたが、ビンタン島の人々の、現地の生活を見たいという好奇心が勝ってしまい訪問させてもらいました!

長男と長女は現在、専門学校に行っていて、長男は将来、ガイドになるため、日本語を勉強中とのこと!

長女は、なぜか韓国語を勉強中のようです!

家族全員の写真を撮りたかったのですが、長男長女は恥ずかしいとのこと。。。

ホテルへ戻る途中、動植物園に寄りました(^.^)

人懐っこい猿の赤ちゃんや、巨大なヘビ、ワニ、見たことない不思議な動物などなど

夜は、ホタルのクリスマスツリーのツアーに参加してみました(^.^)

真っ暗なマングローブ林の中を、小さなボートで、ひたすら進んでいきます!

熱帯雨林の湿った独特の匂いが包み込んでいます。

ふと、空を見ると、満月と星が明るく輝いていました!

無数のホタルがマングローブにとまって、クリスマスツリーのように輝いています!!蛍が光ったり消えたり。。。とても幻想的です!!

写真を撮りましたが、真っ暗で何も写っていませんでした(笑)

ビンタン島を旅していて、「オタ」(OTAK)という食べ物を、よく見かけました。

笹の葉に魚肉を挟んで焼いたものです。香ばしくて美味しいです!

滞在中、合計100本以上食べた気がします!

ちなみに、ビンタン島はインドネシア領で、イスラム教の国です。

そのため、アルコールは、街のコンビニやスーパーには売っていませんでした。

(ホテル付近の店には売っていました!)

また、ビンタン島の人々は、毎日、決まった時間に、モスクにお祈りに行きます。

ホーカーで、夜ご飯を食べていると、店のおっちゃんが、「今からモスクへ行くから、代金は適当に置いておいて!」と言って、出掛けてしまいました(笑)

日々の生活の中に、「祈り」の時間があり、無心の状態を創り出すことで、心の平穏を保っている。

とても、穏やかな空気が、モスクを包み込んでいるのを感じました(^.^)

 

 

フィリピンのボホール島へ!!!~子供達との出会い~

セブ島のホリエモン祭りの翌日、早朝、ボホール島へ向かいました!!

ボホール島は、セブ島からフェリーで約2時間です。

朝5時起き、真っ暗な中、フェリー乗り場へ向かいます!

前日の夜は、ホリエモン祭りの後、遅くまで友人達と飲んでいたので、ものすごく眠いです。。。

フェリー乗り場に到着すると、ちょうど、日の出の時間でした(^.^)

サンライズが、めちゃめちゃ綺麗です!!!

朝6時台ですが、フェリーの中は、フィリピン人の家族連れで賑わっていました(^.^)日帰り旅行に、ぴったりの距離です。

5時台のフェリーもあります!

今回のボホール島訪問の目的は、不動産投資物件の下見です。

フィリピン政府は、現在、ボホール島の観光に力を入れていて、パングラオ空港の建設を進めています。

10年後には、ボホール島は、外国人観光客で賑わう観光スポットになっているかも。。。

とは言っても、今はまだ、自然の原生林が多く残っていて、島民の質素な暮らしを感じることのできる、古き良き島でした(^.^)

地元の高校生ぐらいの少年達(^.^)

投資物件のリゾートは、正確には、ボホール島から、さらに橋を渡ったパングラオ島にあります。

島で一番有名なアロナビーチで、のんびりくつろいでいると、現地の人から、ここから小舟で30分の所にある離島へ行ってみないかい?

と誘われました!海の透明度が抜群とのこと!

↑アロナビーチです(^.^)

 

小舟を待っていると、現地の子供達が集まってきました。

どうやら、船長さんの子供のようです。

学校へは行けず、家事を手伝っているようです(-_-;)

子供達は、最初、僕を睨むような、きつい目を向けてきました。。。

しかし、30分後。。。

なぜか、打ち解けて、一緒に遊んでいました!!(笑)

そして、子供達も一緒に船へ乗り込み、離島へ向かいます!

子供達、やたらと船の先頭に立ちたがります!(笑)

そのため、海の写真が、なかなか撮れず。。。(苦笑)

離島につくと、フィリピンとは思えないぐらい、海が綺麗でした!!!

島へ降りると、美味しそうな香りが!!

アワビ、ウニ、タコ、海老など、新鮮な魚介類が、手頃な値段で食べれます!

めちゃめちゃ美味しいです(^.^)

↑ビンの中に、海老が入っています(^.^)

 

離島の後は、ボホール島で有名な

手乗りサイズの小猿「ターシャ」を見物へ(^.^)

昼間は寝ているそうです。

まるで「僕たちを起こさないで~」という声が聞こえてきそうです(^.^)

最後は、チョコレートヒルズへ!!

名前の由来は、乾季になると、丘の草が枯れて茶色になり、

丸い丘がチョコレートの形に見えるため、だそうです!!

丘は石灰岩でできているため、木は育たず、そのため草に覆われているという特異な地形です。

 

 

 

 

 

フィリピンのセブ島へ!!~ホリエモン祭り~

先週、フィリピンのセブ島へ弾丸旅行へ行ってきました(^.^)

目的は、「ホリエモン祭りinセブ島」というイベントに、セブ在住の友人から招待されたからです!

彼は、2年間の世界一周を終えて、現在、セブ島で起業しています(^^)

ホリエモン祭りの会場は、「QQイングリッシュ」という英会話学校で行われました。

 

ホリエモン祭りは、午後スタートのため、午前中は英会話レッスンの体験が格安でできます!

もともと、フィリピン語学留学に興味があったので、体験してみました(^.^)

30分間、フィリピン人講師と、1対1で会話をします。フィリピン人は、ホスピタリティが高いので、とても心地良くレッスンを受けれます!

翌日行く予定の、ボホール島についても、たくさん情報を仕入れることができました!

ボホール島には、「ターシャ」という名前の、小さい手のひらサイズの猿がいるそうです!

英会話を楽しんだ後は、いよいよ、ホリエモン祭りスタートです!

セブで起業されている方々のパネルディスカッションや、ホリエモンとSHOW ROOM前田さんとの対談が面白かったです!

ホリエモンの言葉の中で、特に印象に残ったのが、

「情報が瞬時に手に入る今の時代は、アイデア自体に価値はない!

『行動』にこそ、価値がある!!」

という言葉です!

今日のイベントで、成功者達から貴重な話を聞いても、ほとんどの人は、何も行動に移さない。ただ聞いて終わるだけ!

大切なのは、何か一つでも、実際に行動に移してみること!

動き始めなければ、何も人生は変わらない!

とのことでした。

確かに、僕自身、現在シンガポールで働いていますが、

もともとは、大阪で開催された海外転職セミナーに、駄目元で、わざわざ名古屋から新幹線に乗って参加した、あの日が、すべての出発点になっています!

セミナー後の飲み会で出会えた仲間達と、その後も連絡を取り合い、数か月後には、本当に、シンガポール就職が実現していました!!

 

たとえ小さな一歩でも、勇気を持って踏み出せば、そこから新しい世界が動き始める!!!

あの日から、僕の人生は、明らかに大きく変わり始めました!!!

夕方になり、日が暮れてくると、

けん玉パフォーマンスをされている「ず~まだんけ」のお二人のイベントが始まりました!

紐づけされていない、けん玉を巧みに駆使した数々の技に圧倒されました!

パフォーマンスが終わった後の、ず~まだんけ・ホリエモンの対談の中で、とても衝撃的だった話があります!

「そもそも、なぜ、けん玉パフォーマンスを始められたんですか?」

との質問に対する回答が、とても衝撃的だったのです!

僕の予想した回答は、

「けん玉が昔から大好きで、大好きなけん玉を、ずっとずっと、やり続けていたら、凄いことになりました!」

という回答を予想していました。

しかし!!!

本当の答えは、、、

「けん玉は、世界と自分達をつなぐ『手段』です!

今の時代は、インターネットを使えば、瞬時に世界中の人達とつながれます!

僕たちは、けん玉を使って、世界中の人達とつながりたかったんです!!」

 

もともと会社員だった二人は、けん玉が大好きだったというより、お金もコネも 無い状態で、

それでも、世界中の人達とつながりたくて、

その方法を模索した結果、「けん玉」という自分達が入っていける「隙間」を見つけました。

 

そこから、「世界中の人達とつながる!!!」という夢を実現していったのです!!!

今の時代は、目の前に、たくさんのチャンスが溢れているように思います。

大切なのは、それを本当に、『行動』に移すこと!!!

そんな熱い想いが伝わってきた、けん玉パフォーマンスでした!!

 

 

 

 

 

 

 

インド人街、光の祭典ディーパバリへ!!

シンガポールで、南インド人が沢山集まる街、リトルインディア。

この街で、年に一度、ヒンディー教の大きなお祭りディーパバリ(Deepavali)が開催されます!!

「ディーパバリ」というのは、サンスクリット語(昔のインドの言葉)で、現在のインドでは、ヒンディー語で、「ディワリ」と呼ばれています!

別名、「光の祭典」と呼ばれているだけあって、街全体が、とても綺麗です!!

ディーパバリは、ヒンディー教の「新年」にあたるため、本場インドで働いている友人も、「ディワリ(ディーパバリ)の時は、花火が凄い!」と話していました(^.^)

インドの正月だけあって、街全体が、インド人で溢れかえっています!

よく、「インド人街って、危険じゃないの?」という質問を受けますが、基本的に安全です!夜、一人で歩いていても、身の危険を感じたことはありません!

なぜなら、シンガポールで働いているインド人は、温厚な性格の「南インド人」が多いからです。

我々、日本人が抱くインドの危険なイメージは、主に「北インド人」によるイメージです(-_-;)北インドのデリーなどは、まさに危険なインドそのものです。

これに対して、南インドのチェンナイ等の、タミルナドゥ州は、とても温厚です(^.^)

シンガポールのインド人肉体労働者はの多くは、南インドのチェンナイから来ています。肉体労働者用の就労ビザは、日本人のホワイトカラーのビザと比べて、許可が出やすいです。

また、チェンナイは、飛行機で、たった4時間という距離のため、給料の高いシンガポールは、格好の出稼ぎの場なのだと思います。

↑ ムスタファセンターの両替所、シンガポールで一番レートが良いです!

↑ 宝飾店が多いです!

↑ディーパバリのインド人街を歩いていると、意外と欧米人も多いことに気が付きました!

ヒンディー教のお祭りなのに、キリスト教圏の人達も、普通にお酒を飲んで、祝っています!

さらに、よく考えたら、今日は、「祝日」です。

シンガポールの国教はヒンディー教ではないですが、国全体で「祝日」となっています!

シンガポールは、キリスト教、イスラム教、ヒンディー教、仏教が共存している国です!

地下鉄などの表記も、英語、マレー語、中国語、タミル語(インド)が平等に併記されています!

シンガポールが、「多民族国家」と呼ばれることを、ふと感じました(^.^)

↑ 実際、ディーパバリの一週間前に、チャイナタウンで夜ご飯を食べに行ったら、中国の伝統行事、中秋節で賑わっていました(^.^)

様々な宗教が、対立することなく、共存している多民族国家シンガポール!宗教間の争いが世界各地で起きる中、見習うべき点が多々あるなと感じました(^.^)

↑ チャイナタウン駅前(^.^)

↑ チャイナタウンで一番人気の「東方美食」

↑ 麻婆豆腐と、ガーリックカイラン(^.^)

「カイラン」はシンガポールのおすすめ料理です!

 

 

 

早稲田渋谷シンガポール高校、文化祭へ!!

教え子たちに誘われて、早稲田渋谷シンガポール高校の文化祭へ行って来ました!!

文化祭の入り口の門は、教え子の生徒が作ったそうです(^.^)

毎日、文化祭の準備に追われて、授業中は眠たそうにしていました。。。苦笑

校内に入ると、物凄い人で賑わっていました!

お腹がすいたので、飲食店に入ったら1時間待ちでした(笑)

ようやく席についたら、教え子に遭遇!どうやら、注文したケーキは、教え子の渾身の力作のようです!美味しくいただきました(^.^)

校内を回っていると、生徒達のほか、保護者の方々にもお会いしました。

シンガポールで唯一の日本人の高校、早稲田渋谷シンガポール高校。

West Coast高級住宅街の中に位置します。

約8割の生徒が、そのまま早稲田大学へと進学していきます!

生徒達は、多くのシンガポール在住の日本人の期待の中で、大切に守られて生活しているのだと実感した一日でした(^.^)

 

シンガポールの高級コンドミニアムへ引越し~ペントハウス~

現在、チャイナタウンに住んでいます。シンガポールの中心地に位置していて、どこに行くにもアクセスが良い最高の立地です!

しかも、中華料理が本格的で、めちゃめちゃ美味しいです!!夜中の3時頃まで営業している店が多く、とても便利です!

そんな最強のチャイナタウンなのですが、ひとつだけ問題が・・・。

家賃が高い!!! とにかく高い!!!

シンガポールは家賃が高いことで有名ですが、本当に高いです(-_-;)

一人暮らし用の部屋でも、月13万円~20万です!!今の部屋は、月16万円です!

 

ちょうど一年が経ち、契約期間が満了になったので、もっと安い物件を探そう!と思い立ち、引っ越しを決意しました!

希望は、家賃10万円以下の物件で、プール付きのコンドミニアム!

最寄駅が、職場から乗り換え無しの、一本の地下鉄で行ける所!

果たして、そんな好条件の物件があるのだろうか。。。

不動産屋に依頼すると、仲介料が10万円近くとられるので、自分で、シンガポール在住者用の、日本人のための掲示板を使って、3ケ月ぐらいかけて探し続けました。

チャイナタウンの期間満了が迫っていた頃、ようやく見つけました!!

家賃8万円!プール付きのコンドミニアム!

パープルラインのPotong Pasirポトンパシール駅から、徒歩5分!

プラザ・シンガプーラのあるドービーゴート駅まで直結です!

最上階のペントハウスで、夜景がとても綺麗です!!

部屋の、バルコニーが付いていて、風が心地よいです(^.^)

日本人3人のシェアです。共用部分のキッチンも綺麗です!

ちなみに、シェアメイトは、バレエダンサーとサッカー選手です!

とても個性的なシェアメイト達です!(笑)

見学に行って、即、決めました!!

オーナーは、チャイニーズ系のシンガポール人で、日本人が好きらしいです(^.^)

理由は、日本人は礼儀正しくて、部屋も綺麗に使ってくれるから!

これに対して、

中国人は、マナーが悪く、夜もうるさくて苦情が多いそうです(-_-;)

僕が「日本人」という理由で、割引もしてくれるとのこと!

先人の日本の方々に感謝です(^.^)

 

ちなみに、同じオーナーで、職場のあるクラークキー、ロバートソンウォークで人気の、「UEスクエア」も、内覧させていただきました!

UEスクエアの物件は、通常、3000ドル(月24万円)が相場ですが、1000ドル(月8万円)という格安部屋があるとのこと!

内覧させていただいたところ、

めちゃめちゃ狭いです。。。(-_-;)

1畳か1畳半ぐらいで、本当に寝るだけのスペースです。。

物置用の倉庫を、改良して部屋にしたようです。

仕事漬けで、寝に帰るだけなら、まぁいいかな~と、前向きに検討していると。。。

オーナーが、「マスタールームの住人は、キミと同じ教師だよ!」とのこと。

詳しく話を伺うと、同業他社の先生でした。。。(-_-;)

さすがに、それはマズイ!

といことで、この物件は諦めて、ポトンパシールへと向かったのでした(笑)

↑ 共用スペースは、とても広くて、ビリヤード、テニスコートも併設されています!

オーストラリアのパースへ!!~コアラ編~

「いつか、コアラを抱っこしたい!!!」

子供の頃、オーストラリアという国を知ってから、漠然と夢を抱いていました(^.^)

そんな幼少の頃の夢を、ついに叶えるときが来ました!!

パース市内には、「パース動物園」というコアラ、カンガルーを見れる動物園があります。

しかし!この動物園は、どうやら、コアラを「見学できるだけ」のようです(-_-;)

コアラを、「抱っこ」したかったら、郊外にある「コフヌ・コアラパーク」という動物園に行く必要があるとのこと!

西オーストラリアでは、コアラが抱っこできるのは、唯一この動物園だけのようです!

オーストラリアに行きさえすれば、どこでも簡単に、コアラを抱っこできると勘違いしていました(-_-;)甘かったです!

ということで、ちょっと遠いですが、頑張って「コフヌ・コアラパーク」へ!

パース駅から、アーマデールラインでバイフォード駅まで行きます。そこから、さらにタクシーで15分ほど行きます!

郊外でしたが、無事タクシーを捕まえることができて、良かったです。ちなみに、そのタクシー運転手の携帯番号を聞いておかないと、帰りが交通手段が無くて困ることになります。

動物園の中は、日本の普通の動物園とは違い、動物たちは放し飼いです!

正直、ちょっと恐いです!

恐る恐る園内を歩いていたら、前方から、エミューに追いかけられてる外国人が、「ウォー!」と叫びながら、こっちに向かって走って逃げてきました!笑

さすがに、僕も一緒に逃げました!笑

鹿もいました!日本の奈良公園を思い出します(^.^)

その隣で、カンガルーが、ぐったりと、やる気のない感じで横たわっています!

そして、最後に、ようやく、

長年の夢だったコアラを抱っこさせてもらえました!!!

抱っこしている間、手に持っているユーカリの葉を、ものすごい勢いで、むしゃむしゃ食べていました!

コアラは、大人しくて寝てばかりのイメージでしたが、この動物園のコアラは、活発に動き回っていました!

近くに赤ちゃんカンガルーがいました!すぐに隠れてしまいましたが(笑)

 

コアラ可愛すぎます(^.^)