ラオス一人旅⑧~クアンシーの滝へ!!~

街全体が世界遺産のルアンバパーンは、どこを歩いても趣(おもむき)があります(^.^)

そんなルアンバパーンで数少ない観光名所が、「クアンシーの滝」です!!

コバルトブルーの滝は圧巻とのこと!

天気も良いので(雨期ですが毎日暑いです!)、さっそく行ってみることに!

歩いていると、トゥクトゥクが、法外な値段で勧誘してきます!苦笑

40000キープ(約4千円)でどうだ!と言って来ます。

高過ぎます。。。(-_-;)

ちなみに、宿泊しているゲストハウス「Aham Hostel」は、一泊朝食付きで、300円です!

雨期だから安いのかもしれませんが、コスパ最強です!

トゥクトゥクは高いので諦めて、ミニバンをシェアする形で行くことにしました!ゲストハウスで申し込めます!

料金は、なんと、500円でした!!

こっちの方が、他の旅行者とも仲良くなれるので、一石二鳥です!

実際に、隣に座っていたラオス人2人と仲良くなりました(^.^)

首都ビエンチャンから、ルアンバパーンに短期旅行に来ているそうです!

一人は英語が話せましたが、もう一人は、まったく英語できないようでした。

英語は、小学生・中学生で、学校によっては学べるらしく、ヨーロッパからボランティア学生も来ているそうです!

クアンシーの滝はへ、だいたい50分くらいで到着。

雨期ですが、毎日、晴天で猛暑のため、たくさんのヨーロッパの観光客で賑わっていました!

クアンシーの滝付近にある、小さなお店で食べた昼食が、からだに心地よい辛さで、すごく美味しかったです。

ルアンバパーンで食べたラオスの料理は、すべて本当に美味しかったです!

ラオスの伝統的な料理たち(^.^)

最終日は、ラオスの伝統ビール、「ラオビール」で乾杯(^.^)

ラオス最終日は、ちょっと贅沢をしたくて、高めのゲストハウス(一泊1500円程度ですが)に宿泊してみました。

「Villa Ban Phan Luangヴィラ・バン・パン・ルアン」

竹で出来た橋で、川を渡った先の、静かな場所にあるゲストハウスです。

家族経営なので、のんびりしていて、フレンドリーです(^.^)

Bamboo Bridge竹の橋、通行料が、毎回約50円必要です!

夜になると、光ります!!

ギシギシいうので、やや怖いです!!笑

最終日は、旅の疲れを癒すため、「レモングラス・サウナ&トラディショナルマッサージ」という薬草サウナへ行ってみました(^.^)

サウナは、夕方4時から開始です!

5分前に行ったら、4時まで待つように言われました!東南アジアのわりに、時間に厳しいです。。。笑

スタッフは、ゆる~い感じで、適当にサウナに入って、適当にお茶を飲んで、適当に過ごしました(^.^)

この自由放任で、「てきと~な感じ」が東南アジアっぽくて好きです(^.^)

レモングラスの香りが、すごく気持ち良くて、かなり疲れが取れました!

料金は、たったの約260円です!!

今回のラオス旅は、敢えてベストシーズンを避けて、雨期に来てみました(^.^)

理由は、「雨期の方が安いから」です!

ゲストハウスも、予約なしでも宿泊できるし、共同ドミトリーも人数が少なく(運が良ければ、自分だけ)、果物が美味しい!

そして、雨期と言っても、1週間のうち、5日くらいは晴れる!!

(これは運次第ですが・・・)

東南アジアの旅は、敢えて、「雨期を狙う!」のも、お金のないバックパッカーには良い選択かな、と思います!!