ラオス一人旅⑤~メコン川2日間の旅!!~

ラオスとタイの国境の街フエサイから、世界遺産の街ルアンバパーンまで、スローボードと呼ばれる船で、2日間かけて向かいます!!

船旅の途中、対岸には現地の人々の村があり、ラオスの人達の素朴な暮らしを伺うことができました。

時々、野生動物たちの群れを見かけることも!!

フエサイから出発した船は、パークベンという名の村で、停泊します。僕たちも、その村で一泊します。

船が村に着くと、ゲストハウスやレストランの客引きが、わらわらと集まってきます!ぼったくりに気を付けましょう!笑

僕たちは、事前にネット予約していたゲストハウスへ向かいました。

パークベンは、とても小さな村なので、15分くらいで散策も終わります。

夜は、旅の途中で仲良くなったイギリス人弁護士と語り合いました。

翌朝、早朝、再びメコン川を下って、ルアンバパーンを目指します!

船内は、ヨーロッパの観光客だけでなく、現地の子供たちも乗っています!

内向的な子が多いのか、話しかけても、恥ずかしがって答えてくれませんでした。(単に英語が話せないだけかもしれませんが)

そして、2日目の夕方、ようやく、ルアンバパーンへ到着しました!!

原風景を、のんびりと眺めるのが好きなので、意外と短く感じました!

ヨーロッパの人々は、退屈しすぎて、または、前夜に飲み過ぎて二日酔いのため、ぐったりしていました。笑

ちなみに、ルアンバパーンは、終点ではないため、気付かずに寝ていると、そのまま次の村へ行ってしまいます!

しかも、「ルアンバパーン到着しました!」というアナウンスは一切ありません!

たまたま、近くに座っていた現地の女の子達が、「ルアンバパーンだよ!」と教えてくれたので助かりました!

ヨーロッパの観光客は、だれも気付いていないので、イギリス人の友人に頼んで伝えてもらいました。危なかったです。。。。

バンコクを出て一週間が経ちました!

ようやく、憧れのルアンバパーンへ到着しました!!!