タイ北部チェンマイから、バスに乗り、ラオスとの国境の街チェンコンへ到着。

チェンコンで一泊して、翌朝、国境の川を渡り、フエサイから、スローボードという船に乗って、メコン川を二日間かけて下り、ルアンバパーンを目指すことになります。

道中、バスの同乗者の欧米人達と仲良くなりました(^.^)

ドイツ人とブラジル人のカップル(1歳未満の赤ん坊を連れていました!)

そして、イギリス人弁護士(バリスタという法廷弁護士です!)

イギリス人弁護士は、以前、日本の北海道で働いていたらしく、日本語が話せました。(独学でマスターしたとのこと!)

ただ、昨夜、怪しいものを食べて、終始、お腹が痛い。。。と唸っていました(-_-;)

チェンコンへの途中、チェンライという町のホワイトテンプル(白いお寺)に立ち寄りました。

すべてが真っ白のお寺です!圧巻でした!!

ドイツ人カップルは、このチェンライでお別れ。

ここからは、イギリス人弁護士と、チェンコンで一泊する流れになります。

このチェンコンの安宿が、最悪でした!笑

まず、ベッドに荷物を置くと、いきなり南京虫が登場!!(噛まれると、めちゃめちゃ、かゆいです!)

バスルームのドアを開けると、オオトカゲが2匹も!!

網戸は、大きな穴が開いていて、夜通し、蚊が入ってきます!

エアコンが無いので、閉めると暑くて寝れません。。。(-_-;)

このゲストハウスは、チェンマイに滞在中に、日本人が経営するツアー会社で、ラオスのスローボードのチケットを購入した際に、セットで付いていたものです。

バス+ゲストハウス一泊分+スローボード2日分で、7500円ぐらいでした。

スローボードが一日1200円ぐらい(現地購入した場合)、そして、この安宿の質の悪さから考えると、7500円は、ちょっと高かったかな。。という印象です。

スローボードも、ホテルも、現地で、自分で決めるべきでした!

なんとか、無事、夜を越えて、早朝、国境の川まで散歩に行ってみました。

川の対岸のラオスからは、まだ6時ですが、僧侶たちが、お経を読み上げる声が聞こえてきます。

いよいよ、ラオス入国!!!

という期待が高まってきます!!

朝ごはんを食べたら、国境へ向かいます!!!