国境の街ジョホールバル~フォレストシティ~

シンガポールとの国境の街、ジョホールバルへ日帰り旅行へ行って来ました!!

クアラルンプール国際空港から、LCCエアアジアで、片道50分、航空券代は、片道1500円です!!安いです!!

今回のJB訪問の目的は、「フォレストシティ」見学です!

主に、中国からの投資で開発が進められている都市で、総投資額は10兆円以上と言われています!

場所は、JB南部のヌサジャヤ地区、シンガポールとの国境となる橋、第二リンクと呼ばれる橋の近くです。

JB中心部のセントラルからは、車で1時間近くかかります。タクシー代が心配でしたが、Grabタクシーで、片道50リンギ(約1500円)でした。意外と安い!

↑もの凄い数のコンドミニアム群です!!

フォレストシティに到着すると、予想通り、閑散としていました。

なぜなら、昨年の政権交代で、新しく首相に就任したマハティール氏の下で、「外国人(主に中国人)は、フォレストシティなどの不動産の購入を禁止する」との方針を打ち出しているからです!

フォレストシティは、マレーシア国民のためのものではなく、このままでは、JB南部は中国人富裕層の植民地になってしまう。

マハティール首相は、マレーシアの利益にならない外国人(主に中国人)を追い出すため、MM2H(長期のリタイアメントビザ)も凍結する方針です!

フォレストシティは、中国人の富裕層から、約10兆円の資金を集めて、20年計画で進められている大規模プロジェクトですが、まさかの途中で頓挫。。。という事態もあり得ます!

実際に見学してみると、現地スタッフの人達による工事は続いていました。まだ完全に計画が中止になったわけではなさそうです。

1時間ほど散策してみましたが、「フォレスト」シティと呼ばれるだけあって、緑が豊かで、住みやすそうな環境でした(^.^)

コンドミニアムの外壁は、生草で覆われていて、空気が新鮮です!

車は、完成後は、地下を走る形にすることで、地上は排気ガスもなくなります。

地球の環境にも配慮したスマートシティを目指しています!

20年後、果たして、フォレストシティは完成しているのでしょうか。。。

 

 

後日、仕事の関係で、再びジョホールバルへ行く機会がありました。

今度は、せっかくなので、車で向かいました!

所要時間4時間(休憩含む)、片道300㎞です!

ひたすら一本道を、時速140㎞で、ぶっ飛ばします!!!

マレーシアの高速は、制限速度規定が無いのか(本当はあるかもしれませんが)、みんな120㎞ー150㎞ぐらいのスピードで飛ばしています!

時速100㎞が遅く感じるから不思議です。

SIMカードのプリペイド残高が残り僅かだったため、インターネット接続不要のマップアプリ「maps.me」を事前にダウンロードして使ってみました。

GPS機能のみで使えるので便利です!多少、地図が粗かったり間違ってましたが、おおむね良かったです。

ジョホールバル地域に入ると、TuneTalkのネット接続が弱くなってきたため、U-mobileに、SIMカードを切り替えました。

事前に、予備の他社SIMカードを準備しておいて助かりました!

目的地に到着後、とりあえず、スタバで休憩(^.^)とてもお洒落な雰囲気で、ノマドワーカーらしき人達の姿もありました!

帰り際の出口には、「Terima kasihテレマカシ」とマレー語で書かれていました(^.^)「ありがとうございます。」という意味です!

日帰りで、往復8時間の長距離運転で大変でしたが、

早朝6時に、クアラルンプールの家を出て、朝日を浴びながら、時速150㎞でマレーシアの熱帯雨林の一本道を飛ばすのは、意外にも爽快でした(^.^)

もし事故ったら、一瞬で終わるので、無事、帰って来れて良かったです!!