ミャンマーの旅~バガン遺跡へ~

旧正月の4連休を使って、ミャンマーのバガン遺跡へ!!

バガン遺跡は、世界3大仏教遺跡の一つと言われています!

シンガポールからミャンマーの首都ヤンゴンまでLCCで4時間。

ヤンゴンからバガン遺跡までは、夜行バスで10時間かけて向かいました!

夜行バスは、ヤンゴンのアウンミンガラ・バスステーションから出ています。

物凄い数のバスが集まっています! バスは大型で、予想以上に快適でした!

バスを待つ間、現地の人達のセパタクローを見てたら、参加しないか?!と声を掛けられてしまいました!(笑)

深夜3時頃、トイレ休憩の時、ふと夜空を見上げると、日本より大きな星座が見えたのが印象的でした(^.^)

朝5時頃、バガンへ到着しました。まだ真っ暗で、めっちゃ寒いです!

バスを降りようとすると、物凄い数のタクシーの客引き合戦が始まりました!

適当に、人の良さそうな青年を選びました。

いざ出発しようとすると、青年いわく、

「タクシー無いよ、馬車だよ!」とのこと!

真っ暗闇で、寒い中、馬車の荷台に揺られながら、バガン遺跡の旅がスタートしました!!

青年は、まずは、サンライズが綺麗に見える、おすすめのパゴダ(仏塔)へ連れていってくれるようです!

道路は舗装されていないガタガタ道を進んでいきます。このまま怪しい所へ連行されたらどうしよう。。。と不安になるほど、狭い道へ入っていきます。

日の出前なので、真っ暗闇です(-_-;) とにかく寒い!!

寒さに耐えること30分、ようやく、サンライズスポットへ到着!!

パゴダ(仏塔)の上に登って、鑑賞します!

ただ、パゴダは土足厳禁のため、靴を脱ぎ、靴下まで脱ぎ、裸足で階段を登っていかなければなりません!

ただでさえ寒いのに、足が冷たすぎます!!

上の方へ着くと、すでに、世界各国からやって来た、たくさんの外国人観光客が、陣取り合戦を始めていました。

本格的なカメラ、三脚。。。気合が凄く感じられます!

それに対して僕は。。。i-phone6の携帯カメラのみ。。。苦笑

外国人達と、寒い中、おしくらまんじゅうのように場所の取り合いをしながら、日の出を待ちます。とにかく寒い!!

日の出と共に、たくさんの気球が、まるで風船のように上がってきました!!

めちゃめちゃ幻想的な光景です!!!

世界中から観光客がやってくるのも納得の凄さです!!!

寒さに耐えて、待ち続けた甲斐がありました!!

ちなみに、この気球に乗ってサンライズ鑑賞するためには、一人5万円と事前予約が必要です!高い!!

今度、再び来るチャンスがあれば、トライしてみたいです!