マラッカ海峡の夕陽②~深夜特急に憧れて~

昼過ぎ、マラッカに無事、到着(^.^)

今回の、旅の目的は、

マラッカ海峡に沈む夕陽を、この目で見るためです!

「僕は、ただ夕陽が見たかった。そのために、マラッカを訪れた」

沢木耕太郎の、この一節に惹かれて、深夜特急を読みふけっていた高校時代を、とても懐かしく感じます!

 

マラッカは、いくつか観光名所がありますが、

とにかく、マラッカの夕陽が見たい!との一心で来ていたので、観光は軽めに、さっそく夕陽スポットへ!!

現在の時刻、まだ13:00ですが。。。(笑)

マラッカは、一応、

「世界三大夕陽」の一つ!!!

と言われています(本当かどうか分かりませんが。。。笑)

夕陽スポットは、「MASJID SELAT」という名の、海上モスクです!

 

道に迷うかな~と予想していたのですが、

タクシーで、30分ほどで、あっさりと着いてしまいました!

日の入りまで、5時間ぐらいある。。。苦笑

あまりにヒマなので、モスクを見学(^.^)

明らかに、イスラム教徒ではないですが、館内へ入れてくれました(^.^)

中は、ドーム状になっていて、海風が心地よく、吹き抜けていきます。

なぜか、心がとても落ち着いて、おだやかな気持ちになりました!

人々の祈りの力なのか、何なのか分かりませんが、

本来、イスラム教というのは、とても「平和な宗教」なのだと感じました(^.^)

メディアで見る過激なイスラム教のイメージとは、正反対です!

人は、祈っている時間は、何も考えない「無心」の状態になります。

この「無心」の状態を、一日のうちに、たとえ数分でも、創り出すことは、精神を平穏に保つために、必要なことなのかも。。と感じました。

その後は、ひたすら、ぼ~っと、海を眺めながら、夕陽の時間を待ちました(^.^)

日が暮れてくると、ぽつり、ぽつりと、カップルや、ツアー団体が集まり始めました!

いよいよ、「マラッカ海峡の夕陽」が見れる!!!

と、胸が高鳴ります!!!

自分の目で見る、マラッカ海峡の夕陽は、とても大きくて雄大でした(^.^)

(写真だと、ふつうの夕陽に見えてしまいますが。。。笑)

夕陽が海に沈んでいく数分間は、まるで、時が止まったように、空気が穏やかで、静かでした(^.^)

日が沈んだ後も、しばらく、余韻にふけっていました(^.^)

気が付くと、辺りは完全に、真っ暗。。。

そろそろ帰ろうかな~と思ったとき!

ふと、気付いてしまいました!

「帰る方法」が無い!!!!!

海上モスクは、市街から、やや離れています。行きはタクシーできたのですが、帰りは、どうすれば???

マレーシアは、流しのタクシーは少なく、基本的に、電話で呼びます!(または、タクシーアプリ)

タクシーの電話番号が分からない!!

というか、そもそも、SIMカードを買っていないので、携帯が使えない!!

辺りは真っ暗!!!

ピンチです!!!

さすがに焦りました!苦笑

駐車場は、最後の一台の車(カップル)が、出発しようとしています!

必死に、頼み込んで、タクシーを電話で呼んでもらいました。

真っ暗な中、タクシーを待つこと、15分。。。

もし来なかったら、どうしよう。。。

この時間が、なが~く感じました(-_-;)

昼間、海上モスクで、日の入りを待っていた3時間よりも、

なが~く感じました(笑)

旅先では、多少、面倒でも、SIMカードを購入しよう、と反省した一日でした(-_-;)

 

その後、無事、タクシー到着!!

タクシー運転手が、神様のように感じました(笑)

昼間、マレーシアのタクシーは、みんな、ぼったくりだ!と決めつけて申し訳なかったです(笑)

マラッカ市街へ戻って、夜のマラッカを散策♬

夜のリバークルーズが、夜風が気持ち良くておススメです!

その後、川沿いでのカフェで、「マギー」というヌードルを食べました(^.^)

日本のチキンラーメンに似た味で美味しかったです!

マグカップに、麺が入っているので、「マギー」というのかも(^.^)

そして、予約してあった、ラマダホテルへ!

高級感のあるホテルの、上層階で、夜景が綺麗です♬

マレーシアは物価が安いので、高級ホテルも、安く泊まれるのが嬉しいです!

 

明日は、マラッカから、バスで、

マレーシアの首都クアラルンプールへ向かいます!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です